育毛剤に含まれるセンブリエキス、キャピキシル、ピディオキシジルの発毛効果とは

世の中にはたくさんの育毛剤があって、いったいどれを使ったらよいのかわからないですよね。わたしが試した育毛剤の中で、これはいいかもしれないと思ったものに含まれていた成分がセンブリエキス、キャピキシル、ピディオキシジルの三つです。ではこれらの発毛効果はどのくらいのものなのでしょうか。

センブリエキスは育毛効果が抜群
実はセンブリエキスは発毛効果というよりも育毛効果の方が強い成分なんです。というのは、センブリエキスには頭皮の血行を促進する作用や、抗炎症作用があります。頭皮の血行が良くなると、当然髪の毛の成長に必要な栄養素、酸素などがしっかりいきわたるようになります。それに、炎症を抑えることで髪の毛傷みにくくなります。頭皮を健康に保つことができれば、自然と髪の毛の正常な生育が促進されることになりますよね。結果として育毛効果が望めるというわけです。

キャピキシルの発毛効果はどのくらい?
育毛剤によく入っている別の成分がキャピキシルです。これは自然に誕生したものではなく、カナダの化粧品会社がアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド3という成分を組み合わせて作りだしたものです。キャピキシルには抜け毛を予防する効果、さらに毛母細胞を活性化させる効果があるとされます。抜け毛が予防されれば、当然薄毛に悩んでいるわたしたちにとっては良い効果ですし、毛母細胞が活性化されれば発毛効果も期待できるでしょう。そもそも髪の毛には生えてくる力が備わっているわけですが、キャピキシルはその力をサポートして強める効果があると言えるでしょう。

ピディオキシジルは発毛効果があるのか
近年業界で話題になった成分がピディオキシジルです。ピディオキシジルに期待されている効果は、ヘアサイクルを整えるというものです。つまり髪の毛が正常に発毛し、成長し、抜けるというこのサイクルが乱れないようにする効果があります。さらに休止期にある髪の毛を成長期へと促すので発毛効果や正常な成長を促進する効果が期待できます。薄毛に悩んでいる男性の強力な味方になってくれるはずです。まだそれほど浸透していないので、育毛剤に配合されていることは多くありませんが、今後どんどんと育毛剤に導入されていくことでしょう。